設立の経緯

昭和60年10月 経済同友会・国土総合開発委員会において、
留学生の受入れを柱とする「21世紀ニッポン
プログラム」を提唱。
 
昭和61年8月 「社員寮への留学生受入れ」について企業意向
調査を実施。
 
昭和62年2月 「社員寮への留学生受入れプログラム」により
留学生受入れ開始。
 
昭和63年4月 政府が「留学生の交流推進に関する閣僚懇
談会」を発足。経済界では経済四団体(当時)
共催で「留学生に対する企業協力に関する
懇談会」を開催。
昭和63年10月 「社員寮への留学生受入れプログラム」を経済界、
大学、その他官民協力して推進する財団法人を
設立するため、設立発起人会を開催(設立発起人
代表:石原 俊)。
平成元年2月 財団法人 留学生支援企業協力推進協会
設立総会開催。
平成元年4月 設立許可。  
     
平成元年5月 第1回理事会・評議員会、設立パーティー開催。
平成25年4月 公益財団法人 留学生支援企業協力推進協会
へ移行。
 

 

定款

  
<"セミナー受付システムへ"
<"セミナー一覧へ"
<"手続きマニュアル資料編へ"