楽しく授業を行うポイント

実践!生徒が興味を持つ出張授業

母国を離れ、さらに多くのことを日本で学ぶために留学した皆さんが、どんな話をしてくれるか、日本の中高校生はとても楽しみにしています。そんな期待に応えるように、講師の皆さんはそれぞれの経験談や熱い思いをベースに、工夫を凝らした授業を展開しています。今まで行われた出張授業をもとに、生徒の関心をひきつけ、楽しく授業を行うためのポイントをご紹介します。
まだ、一度も出張授業をしたことのない留学生の皆さん、あなたもぜひやってみませんか。

≪授業の前に≫

まず母国語で挨拶を
教室に入ったら、最初に挨拶と自己紹介です。生徒は外国語に興味があります。「こんにちは」「はじめまして」など簡単な挨拶を母国語で行いましょう。

外国語への興味
挨拶はもちろん、数字の数え方、日本語と同じ漢字なのに意味の違う言葉などをテーマに、簡単な母国語講座を行う講師もいます。
出張授業をきっかけに、多くの生徒が外国語に興味を持つようになりました。

≪楽しい授業のために≫

時間配分を考えて
日本の中学校・高校の授業は50分単位で行われます。このため、時間配分が重要になります。1クラスの授業を2人の講師で担当する場合は、ひとりが長く話しすぎると、あとで話す講師の時間が少なくなってしまいます。互いに協力して、時間配分をしてください。

メッセージを明確に
国際的素養を身につけるきっかけとなる内容であれば、テーマは自由です。生徒が異文化・異価値観に触れ、興味を持つテーマを選びましょう。

中学生が関心を持つテーマ
●日本に留学したきっかけ(学ぶことの意義や自分の夢)
●母国と日本の違い(文化や習慣の違いで驚いたこと)
●母国の中高校生の話、自分が中高校生だった頃の話(夢中になったことやどんな勉強をしていたかなど)
●目標、夢を持つことの大切さ

大きな声で、はっきりと
どんなに興味深い話をしても、声が小さいと生徒の関心はそがれていきます。全員に伝わるように大きな声ではっきりと話しましょう。生徒の机の間を回りながら話をするのも、生徒の参加意欲を高める方法です。

質問を投げかける
講師を経験した留学生のほとんどは、「日本の中高校生の生徒はおとなしい」という印象を持つようです。自発的に発言する生徒がいなかったら、「○○さんはどう思いますか?」と、生徒のそばに行って質問を投げかけましょう。

クイズ形式で生徒の興味を引く
黒板に日本のアニメの主人公の名前を母国語で書き、「これは誰のことでしょう?」と投げかけるなど、伝えたいポイントをクイズ形式にして紹介することで、生徒の興味を引くことに成功した講師もいます。

視覚に訴える
ポイントとなる言葉や図などは、黒板に書きます。自作の資料を持ち込んだり、パワーポイントや映像など、視覚に訴える授業も好評です。
※学校が所有するプロジェクターなどの設備には限りがあるので、事前の相談が必要です。

実物を見せる
画像や映像以上にわかりやすいのが実物です。民族衣装、国旗、貨幣、おもちゃ、祭事の飾りなどを持参し、見せたり、触れさせたりする講師もいます。

≪給食を一緒に≫

交流のチャンス
中学校では授業のあとで、講師は生徒と一緒に給食をご馳走になります。「授業はどうだった?」「給食の献立は何が好き?」「部活は?」など、気軽に生徒に声をかけ、会話を楽しんでください。

対象者:社員寮入居留学生及び在学中のOB・OG
申込ログイン画面へ

  
<"セミナー受付システムへ"
<"セミナー一覧へ"
<"手続きマニュアル資料編へ"