社員寮への留学生受入れプログラム

 日本で学ぶ外国人留学生にとって、最も難しい問題のひとつに、宿舎の確保があります。残念ながら日本の高等教育機関はすべての留学生を収容できる宿舎施設を備えているわけではありません。高等教育機関が集中する主要都市、特に東京・大阪のような大都市部では、民間アパート等の家賃は非常に高く、また必ずしも外国人に対して開かれているともいえません。

 こうした現状を受け、当協会では日本企業に呼びかけ、留学生に対する支援活動のひとつとして、留学生を企業の社員寮に社員と同一条件で受入れていただく「社員寮への留学生受入れプログラム」を推進しています。

 本プログラムは企業、大学、そして当協会との三者の協力の上に成り立っており、多くの留学生が社員寮で充実した留学生活を送っています。

 本プログラムの手続きと書類の流れは下記の通りです。

 

手続きマニュアル

  
<"セミナー受付システムへ"
<"セミナー一覧へ"
<"手続きマニュアル資料編へ"